トップページHDD症状と対策ドライブにアクセスしようとするとフォーマットを要求される



HDD症状と対策

ドライブにアクセスしようとするとフォーマットを要求される

これには,二つのケースが考えられます。

(1)システム起動時に出る場合
これは,ブートセクタのディスクパラメータが壊れている場合に,出されることがあります。この場合,絶対にフォーマットしてはいけません。データを破壊してしまいます。
この場合,ツール(例 TestDisk)を使ってディスクパラメータを修復すると正常に戻ると思われます。但し,ディスクパラメータについての深い知識が必要となります。
無理な方は,専門の修復業者に依頼するべきでしょう。

(2)システム動作中に出る場合
例えば,Eドライブにアクセスしようとすると,フォーマットを促すメッセージが出るような場合です。
これには,論理的なエラーの場合と,物理的なエラーの場合があります。

論理的なエラーの場合は,(1)の場合と同じ方法で修復を行えます。
また,物理的なエラーが原因とは,HDDの円盤(プラッター)の記録面が傷付いてしまった,あるいは磁気が変化してしまったような場合です。そこが,ディスクパラメータだったような場合にHDDがフォーマットされていないと認識されるためです。
どちらかの切り分けは難しいため,専門の修復業者に依頼した方が良いでしょう。

この場合,データそのものはまだ残っている可能性はあるため,早期にデータのサルベージをすれば,データは修復できると思われます。

スポンサードリンク