トップページHDDの構造IBM-3330 ディスクパック



HDDの構造

HDDと言えば,媒体の円盤(プラッター)は,外れないのが普通。
しかし,昔はハードディスクは,外せるのが普通の時代がありました。

1970年頃に大型のコンピュータに使われていたハードディスクは,媒体が外せるのが普通でした。タイトルに掲げた,IBMの3330(1971年出荷) ディスクパックがそれです。
大きさとしては,直径は約30センチ,高さ20センチ,円盤の数11枚。
一つのパックで,100MBでした。
ドライブから外している時は,保護のためにプラスチックのケースに入っていました。

写真は,Wikipediaに登録されているDysanという互換機メーカーのディスクパックです。
写真はむき出しですが,実際には装置から外している時は,プラスチックのケースに収納されています。現在のHDDと比べるとその大きさに圧倒されるでしょう。
100MBのディスクパックも200MBのディスクパックも形状は全く同じです。




ドライブそのものは,大きなロッカーにドロワー(引き出し)のような構造でした。ドロワーを引き出して,ディスクパックをセットし,運転していました。
当然,ヘッドクラッシュ事故も起きる訳で,事故が起きた時には,ドライブから異音がします。停止させてみるとドライブの中は茶色い磁性体の粉だらけということが,よくありました。

当時の銀行などには,このハードディスクのロッカーがずらりと並んでいました。
1000ドライブ位が並んでいたといいますから,壮観だったことでしょう。
その後,1974 年には,IBM-3330-11 が発売され,容量が1パックあたり200MBになりました。
当然のことながら,国内のメーカーも同様の製品を出していました。
このIBM-3330-11は,1983年まで販売されていました。

1973年には,IBM-3340 装置が発売されました。これはディスクパックとヘッドが一体となりプラスチックのケースに納められた構造のものでした。容量的には,カートリッジあたり,35MBと70MBの二種類がありましたが容量的には小さいものでした。。

その後,1976年にはIBM-3350が発売されるという大きな転機がきました。
このIBM-3350は,ディスクは外すことができない構造となっていました。
容量的には317MBと,そう大きなものではありませんでした。
大きさもプラッターの直径が11インチ位あったと記憶しています。
発表された時には,このようなハードディスクをどう使うのか疑問を持った覚えがあります。
しかし,このような構造のハードディスクが進化し,現在のHDDになっている訳です。
当時,現在のような手のひらに乗るHDDが1TBなどと誰が予想できたでしょうか。
なんと,IBM-3330-11と比べて,5000倍の容量です。
当時の日本一の銀行の持っていたハードディスク容量を超えると思います。
技術の発展には,驚かされます。

スポンサードリンク