HDDの修復

故障したHDDからのデータ復旧

HDD修復のの裏ワザとして,故障したHDDからのデータ復旧方法を紹介します。

注意事項:
この方法は,電気やHDDについての深い知識がない人は,絶対に試さないで下さい。生命の危険や怪我をする可能性がないとは言えません。
また,これは逆に事態を悪化させることもありますので,データがとり出せなくてもあきらめられる場合に限ります。


HDDの故障には制御部分の故障と,ヘッドクラッシュなどの回転部分の故障が有ります。
ヘッドクラッシュからの回復は,専門の業者に頼むしかありません。
ただ,制御部分の故障ならば,制御部分の基盤を交換することで回復する可能性はあります。同じ,モデルのHDDの制御部分の基盤を外して故障したHDDに取り付けることでHDDが回復し,データが読み出せることがあります。

しかし,同じモデルのHDDであってもロットが違うと動作しないことも考えられます。
同じモデルといえども,メーカーは常に改良を行っています。
また,円盤部分の固体差情報を基盤上のROMに保存していることも考えられます。そうすると,うまくデータが読み出せないといった事態も充分に予測されます。

運良く、データが取り出せたとしても、このHDDは以後使わないようにして下さい。
このようなHDDは、非常に信頼性が低いと考えられます。
あくまで、データを取り出すための一時的な方法と考え、そのHDDは廃棄すべきです。


基盤を交換することによって,逆にデータを壊してしまう可能性もありますから,データが壊れてもあきらめられる場合だけにして下さい。
データが大切な場合には,専門の業者にお願いして下さい。

HDDの回転音がしない



まずは、そのHDDは回転しているべきものであることを確認して下さい。
サーバなどでは、アクセス頻度の低いHDDを意図的に止める場合もあるからです。

次に,電源コネクタがちゃんと刺さっているか,ケーブルにちゃんと正しい電圧の電源が供給されているかを確認してみましょう。
電源が故障している場合も充分に考えられます。また,コネクタが不良なこともあります。

電源が故障していなくて,コネクタも正常ならば,HDDの故障です。HDDの円盤(プラッター)の回転機構に問題が発生したためと推測されます。
この場合には,回転機構が壊れている可能性が高いと思われます。何故ならば,モーター自身は機構が簡単で信頼性が高いと思われます。一方,制御回路の方がより複雑で故障する確率が高いと思われるためです。特に,モーターの制御には,パワー素子が使用されており,大きな電力を扱うため故障しやすいと思われます。

専門の業者にHDD修復を依頼すれば,データを修復できる可能性は高いと思われます。
但し,修復の費用はかなりかかることを覚悟する必要があるでしょう。
新品のHDDが何個も買える位の費用は必要でしょう。従って,データを修復することを目的する場合でないと意味がありません。
データのバックアップがあるのなら、HDDを交換して復旧しましょう。

ダメもとで,データが全部なくなっても諦められる場合なら,「故障したHDDからのデータ修復」の記事を参考に自分で修理する方法もあります。但し,モーターが故障していた場合には,この方法ではダメですが。

基本的な知識

1) HDDは,基本的に修理できません

HDDが故障したのなら,修理すれば良いと思われるかもしれませんが,HDDは非常に精密な機械であり,普通の設備では修理できません。(故障個所によりますが)
また,修理となると,人手間でやることになり,新品のHDDの何倍〜何百倍もの費用が掛かってしまいます。実質的にHDDを修理することは意味がありません。
また,落としてしまったり,高熱をかけてしまったりといった物理的なストレスを与えてしまった場合には,データの読み書きができるからと安心はできません。いつ症状が出てくるかわかりません。データの読み書きができるうちに,データをバックアップして新しいHDDと交換すべきです。

2)パソコンメーカーでの修理
パソコンメーカーでは,故障したHDDの交換を行いますが,中のデータについては保証しません。すなわち,データの修復は行わず,システムについては,購入時の状態に戻します。これは即ち,あなたのデータが全てなくなることを意味します。
修理から帰ってきたパソコンにバックアップからデータを修復するのはあなたの責任です。運悪くバックアップをとっていなかった場合は,あきらめるしかありません。
運良く,HDDの故障でなくファイルシステムの障害でHDDが交換されなかった場合であれば,修復の可能性はありますが,その場合でもデータの保証はされません。
メーカーでの修理費用は,5万円前後と安くはありません。

3)HDD修復専門業者のサービス壊れたHDDからデータを取り出すサービスを提供するHDD修復専門の業者がいます。
どの程度データが取り出せるものなのかは,やってみないとわかりません。
また,修復の費用は一般に非常に高価です。(一般には,10万円以上)
中には,出来高払いというところもあるようですが。
データの重要性と,費用を見極めて依頼しましょう。
修復にお金をかけるよりは,バックアップをしっかりと取っておきましょう。
データ修復に対する考え方

HDDが壊れてしまったみたいだ,そんな時にあなたが大切なのは,HDDそのものでしょうか?違いますよね。HDD の中に格納されているデータが大切なのですね。
HDDそのものは,1万円位で入手できます。データがなくてもいいなら,HDDを交換すれば済む話です。
HDDの中のデータが壊れてしまった。そのデータを復旧したいということですね。

データの重要度によって考え方も変わってきます。
たとえば,それが重要な顧客の売り掛け情報10,000件のデータだったりすると,会社の運営に支障をきたします。もしかするとそれが原因で,会社が倒産してしまうかもしれません。そんな大切なデータだったら,絶対に自分で復旧を試みようなどと思ってはいけません。よけいなことをしたために,状況が悪化してしまい,専門家が復旧を試みようとしてもうまくいかなくなってしまう可能性があるからです。最初から,ちゃんとした専門業者に修復を依頼すべきです。もちろん,お金はかかります。

一方で,住所録や写真のデータなどの個人情報だった場合はどうでしょう。
住所録がなくなってしまうと困りますが,それで明日からの生活には困りません。記念写真もなくなってしまうと寂しいものですが,生活に困る訳ではありません。
専門の業者に修復を依頼した場合,状況により費用は数千円〜数百万円と大きくばらつきます。たとえば,HDDが水没してしまったような場合には,まず数十万円は覚悟する必要があるでしょう。お金はいくらかかってもかまわない,中にある写真はお金に変えられないものだという方もいらっしゃるかもしれません。でも,普通はあきらめますね。
データの大切さと,復旧にかかる費用をよく吟味した上で判断を下して下さい。

お金はかけられない。データは壊れたと思ってあきらめる。しかし,もしも運良く自分で復旧できる可能性があるのなら,自己責任で直してみたい。失敗したらあきらめる。そういう方のみが自分で復旧を試みて下さい。

HDDを自分で交換する

HDD修復の一つの方法として,自分の責任において,HDDを交換してみようという方への情報です。
但し,以下について必ず守って下さい。
パソコンの破壊や生命の危険,怪我の可能性があります。

・電源ケーブルを必ず抜いておく
・ノートパソコンの場合は,バッテリも外す
また
・自分で交換した場合,メーカーの保証が受けられなくなります


【デスクトップの場合】
デスクトップの場合,たいていは3.5インチのHDDが使用されています。
この場合,HDDが一目で分かる場所にあり,比較的交換は容易です。
4本のネジと,電源とIDEケーブルの二つのケーブルを外せばすみます。
あとは,逆の手順に従って新しいHDDを取り付ければすみます。


【ノートパソコンの場合】
ノートパソコンの場合は,HDDのありかが分からない場合もあり,やみくもに分解しようとすると,パソコンを壊してしまう可能性があります。
ノートパソコンについて,I・O DATAがメーカーごとにHDDの 交換方法を図示したサイトがあります。参考にして下さい。

http://www.iodata.jp/support/service/hd/index.htm